FC2ブログ
誰でも学べるデザインの学校の購買部です。デザインすることに、必要な物を集めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者がインターネットだけで学ぶデザイン講座

誰でも学べるデザインの学校

趣味や教養として、または自分のスキルアップのために
デザインを、 初歩から学びたいという人々のための無認可の
デザイン大学です。

建築デザイン・インテリアデザイン・プロダクトデザイン・
クラフトデザイン・ グラフィックデザイン等のデザインの

基本講座から実用講座まで 大学・専門学校等で実際に
出題されている課題に、挑戦しながら、
ネット上の大学キャンパスを楽しんでください。

入学、退学、卒業、自由な学校です。
本学校のデザインテキストで、デザイン力をアップさせませんか?

■ デザインセンスを、もっとつけませんか? ■

このブログにアクセスいただいた皆さん、アクセスして
いただき有難う御座います。

さて、このインターネット技術が、今までの常識とか慣習を
劇的に変えつつあります。

私は、建築設計事務所を主宰し専門学校・大学等でデザイン
教育に携わっていますが、設計事務所の仕事のやり方(情報

収集・プランニング・提案・仕事の情報の伝達など)が、
どんどんインターネット技術のおかげで革新していってます。

私としては、それについていくのがやっとなのですが
仕方ありません。
社会全体がその方向なのですから。

それと、グローバルスタンダードといって世界標準のやり方
等がどんどん我々の身にふりかかってきています。

安い労働力を求めて中国・インドなどに設計技術がどんどん
流れていっています。

日本の住宅などの設計図面がインドで描かれたり、北海道の
とある現場の図面が中国で描かれてメールで送られてくると
いうことは、実際にもう始まっています。


そんななかで、我々が世界に立ち向かっていくための最後の
切り札は、個人的なデザイン力だろうと思います。

もちろん技術とデザインは、相互に補完し合いこの日本文化を
築いてきたものでありますが、技術が世界標準のものとして

世界中に行き渡り誰でもインターネットで情報交換できる
ようになったら、我々のアイデンティティはデザイン力で

示すしかないだろうと思います。

デザインはどこかの外国人が行い、施工(工事)をすること
のみ年老いた日本人がしている。

なんていう日本の未来を憂い、「日本人のみんな、デザイン力を
つけましょうよ。」

「デザインセンスをつけようぜ」っていうことで、このデザイン
テキストを発行しようと考えました。

 本来は、デザインの専門学校・デザインの大学なんかで講師の
先生とコミュニケーションをとりながら、年間100万円以上の

授業料を払い、学友達と切磋琢磨しながら学んでいくのが
今までの常識ですが、上で述べたように今はインターネット
技術が あります。

(年、40~50万円ぐらいで通信教育をしている大学等も
ありますが・・・)

 何とか、安い料金で大学等で行っている授業を公開し、解説し、
参考資料は他のHPへリンクさせながら、良い教育は出来ないもの

かと 考えております。(・・おこがましくも・・)

当然、秘密主義の大学等からは見つかると首だろうし、その他の
教育業界からも今までのシステムを壊す輩といじめられるでしょうが、

日本の未来を憂いあえて、デザイン教育の公開です。

 誰でも学べるデザインの学校

初心者がインターネットだけで学ぶデザイン講座 テキスト

販売しております。


この講座の授業方針として、テキストとして一方的な
授業となりますので、

次の4点を常に念等に置いて書いていきたいと思います。


 1、インターネットを利用し資料性を高め、データ-をその場で
   見ながら出来るようにする。

 2、抽象論・観念論を避け、イラスト及び図版(写真とか
   スケッチ)を多く引用して具体的表現に努める。

 3、本メルマガを学ぶ人自身がオリジナルなデザインが
   出来るようにする。

 4、本テキストを通読すれば、デザインを考える上で重要な
   ことがらや、デザインとはどんなことを勉強し、体得
   しなければ ならないかが解かるようにする。


一週間一講座を消化していくと全期間、10ヶ月間という期間で
建築デザイン、インテリアデザイン、クラフトデザイン、

プロダクトデザイン、グラフィックデザイン等の基本となる
「デザイン基礎講座」から上記の各デザインジャンルの基本を、

インターネットのメリットを利用させてもらいながら、デザインの
一つの学び方である作品をたくさんみるということ、

そして自分でも造形の体験をしてみるということを目標の中心に
据えて執筆しております。

大学なんかではこの基礎講座編を2年ぐらいかけて
授業をおこないます。

その、予習や復習のために利用されてもいいかと思います。

デザインは一つの答えを見出すものではありません。
このテキストの紹介先のHPを保存しておいて、暇なときに
再度 読み返してみる。

参考のホームページを自分なりに探しながら、ここにリスト
アップして もっと良い資料ができたら、友人等に教えてみんなで
レベルアップして いって欲しいと思います。

このページへ進んで下さい。

本学校の指定教科書が出来ました。


この、講座は貴方のデザインセンスの向上にきっとお役に立つと思います。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

Copyright © 誰でも学べるデザインの学校 購買部 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。